日本語 English
信頼と技術。鍼灸で腰痛・肩こりを原因から解消するお手伝いをします。
はり灸進化論 照喜名治療院(鍼灸院)
098-963-9589(予約制)
月~土・祝祭日:9:00~18:00(定休日:日曜日)

症例4(自律神経失調症、肩こり、不安感)

女性、20代、肩こり、不安感

主訴

  • 肩こり
  • 不安感

その他の症状

  • 動悸
  • 不眠
  • 起立時のめまい
  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 手足のしびれ

所見

  • 脈診:数
  • 舌診
    • 舌:歯痕、淡白
  • 六部定位脈診:心実
  • 証:肝気うっ結

治療方針

  • ストレスにより全身の気血がうまくまわらず、自律神経失調の症状がでていると考えた。
  • 筋肉へ栄養が行かなくなり、肩こりがおこっている。
  • 脳に栄養が行かず、不眠、耳鳴り、不安感がでた。
  • 胃が緊張して、食物がすぐに十二指腸へながれてしまっている。
  • 緊張している筋肉・腹部をやわらげる。
  • 特に緊張している、頸部、胸部、腰部の椎間関節の筋を緩める。

経過

  • 初回:食後の動悸・肩こりは改善した。
  • 3回目:症状は緩和しているが、依然として症状が残っている。
  • 5回目:耳鳴りが出たとのことで来院、くいしばりが原因とみて、顎関節を緩めた。
  • 8回目:心療内科で抗うつ剤を増やしてもらった様子。それにより、動悸は完全になくなったが、首・肩こり、頭痛が強くなった。
  • 10回目:耳鳴は軽減したが、耳閉感が残っている。
  • 13回目:安定剤を最大量まで増やすことにしたとのこと。それにより、肩こりと手足のシビレの症状がでた。この肩こりとシビレの原因は、脊柱の椎間関節の筋緊張により神経を圧迫していると判断した。
    そこをゆるめることで、肩こり、シビレは解消した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です