日本語 English
信頼と技術。鍼灸で腰痛・肩こりを原因から解消するお手伝いをします。
はり灸進化論 照喜名治療院(鍼灸院)
098-963-9589(予約制)
月~土・祝祭日:9:00~18:00(定休日:日曜日)

脊柱管狭窄症の主な症状

canal_s

背骨の中を走っている神経は、脊柱管とよばれる空洞の中を通っています。空洞の前からは椎体、椎間板、後縦靭帯、後ろ側からは黄色靭帯に囲まれています。加齢による骨・椎間板の変形、腰椎圧迫骨折、椎間板ヘルニア、後縦靭帯硬化症、脂肪やコレステロールの付着、スポーツ障害(腰椎分離症)などで脊柱管が狭くなった状態なると、神経を圧迫するようになり症状があらわれます。腰部から臀部・足にかけてしびれや痛み、そして下肢の筋力低下がみられる。腰痛を訴えないこともあるので、腰が原因とは思われないこともあります。

主な症状

  • 腰、臀部、足のしびれと痛み
  • 足の筋力低下
  • 歩行障害(休むと歩ける)
  • 排尿障害

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です