日本語 English
信頼と技術。鍼灸で腰痛・肩こりを原因から解消するお手伝いをします。
はり灸進化論 照喜名治療院(鍼灸院)
098-963-9589(予約制)
月~土・祝祭日:9:00~18:00(定休日:日曜日)

自律神経失調症の主な症状

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、2つの神経は無意識にバランスをとっています。 しかし、ストレスやホルモンの乱れが、自律神経のバランスをうまく調整できなくなり、体の不調が出てきます。
交感神経は、わかりやすく説明すると、原始人時代における狩りをしているときを想像してみてください。狩りに備えてたくさんの血液を送るため、心臓は早くなり、おしっこが出ないように膀胱括約筋が緊張します。また、良く見えるように瞳孔が大きく広がります。
脳は興奮して、内臓の活動は抑えられます。

副交感神経は、休んでいるときに働きます。 食事をするので、内臓が活発になり、排便、排尿が近くなります。脳はリラックスになり、眠たくなります。
この二つの神経が状況に合わせて、うまく切り替えているのですが、継続的な、または、大きなストレスがかかると、うまく調整できなくなり、交感神経優位になってしまいます。そうなると、夜眠れなかったり、肩が凝ったりと不調が現れてきます。

主な症状

  • 倦怠感
  • 肩こり
  • めまい
  • のぼせ
  • 手足の冷え
  • 頭痛
  • 動悸
  • 便秘
  • 下痢
  • 頻尿
  • 発汗
  • 不眠
  • 耳鳴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です